×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

謝辞例文

謝辞例文を作る前に謝辞つまりスピーチの場合必ず原稿を書きますが、押さえどころがいくつかありますが、謝辞に限らずスピーチが得意という方も少ない、出来れば断りたいと思っていても、卒園式・卒業式はたまた結婚式での新郎の謝辞・両家を代表した謝辞というふうに一生に一度ならずはこの謝辞に関するスピーチを避けて通ることも出来ない、となれば謝辞例文をしっかり考えあとは本番の度胸と落ち着きをで乗り越えましょう。

謝辞例文(卒園式謝辞例文)

卒園式謝辞例文や卒業式謝辞の例文を書く前に基本は、まず、原稿はきちんと書く、当たり前ですが謝辞に限らずスピーチのポイントを押さえた原稿が出来れば80%は完成で残りの20%は本番での度胸でしょうか?(笑)
原稿を書くポイントとして、相手との関係を把握し、卒園や卒業式の謝辞ですから、かしこまったスピーチに徹する文書。次に大事なのは自分の立場をしっかり把握する、
例えば謝辞を言うのにも自分個人なのか代表者として話をするのかによって変わってきますね。
そしてポイントの4つ目として会の趣旨と規模、列席者を把握するとは卒園式のように形式が把握出来る場合はいいのですが、こと結婚式のような場合は変化が必要な場合もあります。そして出来るかぎりその日のプログラムを用意して自分のスピーチがどのような位置にあるかが分かると話す内容も決まってきます。
また他の人のスピーチを聴いておけば話題が重ならないので済みます。

卒園式・卒業式・新郎謝辞のスピーチ例文の書き方

謝辞や祝辞には基本的構成がありそれを応用することが出来る。
@冒頭(この度、○○幼稚園を卒園を心からお祝い申し上げます・・・等ですね)
A前文(自己紹介・・鈴木○○の父の鈴木○○です・・この度このような温かな式を開いていただいて、先生方、ご列席の・・ありがとうございました・・等です)
Bそして本文に入り、自分感想や具体的なエピソードを交え、聞いている人の興味を引きますが、あまりくだけたエピソードではなくほのかなエピソードを考えてください(卒園式の場合は、運動会やクリスマス会、お泊まり保育でしょうか?)。
C後文として謝辞スピーチを締めくくります、「これからもどうか健やかに成長することを念頭に頑張りましょう・・・」とかですね。
D最後に結びとしてもう一度列席の方々や本人たちへメッセージを贈って締めくくります。